WiFi・LTE/4G・・・・、何が違うの?そもそも何??
という感覚をお持ちの方が少なからずいらっしゃるようです。

詳しい専門的な話はせず、概念的な話をします。

いずれも無線通信なのですが、ひとことで言えば通信規格が違います

LTE/4Gは電話回線

iphone-5-4g-lte1LTE/4G携帯電話会社の電話回線ですね。
高速通信ができる回線です。
毎月の通信量の上限がある契約の方が多いと思います。

例えばデータ定額2GBとか5GBとかで、それ以上のデータ通信量を超えると低速通信に速度制限されてしまうというやつです。

スマホでLTE/4Gが使用されているときは右図のような表示になっています。(iPhoneの例)
画像で「LTE」と表示されている部分に「LTE」か「4G」と表示されます。

WiFiは無線LAN

家庭内でLANケーブルを使わずにノートパソコンをネットに接続する用途を皮切りに普及しました。
街中のフリーWiFiとかに用途拡大されています。
電話回線ではありません。
ですので、WiFiを使えばLTE/4Gの電話回線を使わずにネット接続できます

スマホでWiFiが使用されているときは右図のような表示になっています。(iPhoneの例)iphone-wifi

WiFiに接続できる環境にあるときは、極力WiFiに接続した方がいいです。
その理由は、データ通信に電話回線を使わないので電話回線のパケットを消費しなくていいからです。

自宅では自宅の無線LAN(WiFi)でデータ通信をするように設定しておけば、携帯電話会社のデータ定額の通信量を下げることもできます。
料金プランをデータ定額少なめに見直して通信料金を削減できる可能性もあります

 

当教室のレッスンでは、こういった話もティータイムで話題にのぼります。
普段ワードやエクセルを学習している方でも、それ以外の話題に触れて知識が広がることがあるのです。

 

ティータイムのある「月謝制個別指導レッスン」の情報はコチラでご覧いただけます。
スマホの通信量削減のご相談はまずは「ITなんでも相談」をご利用下さい。

 

 

 

↓応援クリックしていただけると、はげみになります!!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ
にほんブログ村